中古ブランド・バッグ、時計、アクセサリー、他


中古ブランド情報 人気blogランキング

中古ブランド ブランドのロゴ入り部品を購入できる?

 

ブランドのロゴ入りの金具やボタンなどが壊れたり紛失してしまったら、取り付けは自分で出来るから部品だけ欲しいというケースがありますね。


残念ながらブランドのロゴ入り部品だけを購入することは出来ません。


なぜなら、コピー商品の流通を促進させてしまうことになるからです。


この場合は、ブランド直営店へ修理依頼をするしか方法がありません。




中古ブランド うきうき♪ウィキペディア >> トップページへ

中古ブランド バッグの中にドリンクをこぼしてしまいました・・・

 

この場合の最善の策は、すぐに乾いた布で吸い込ませて乾燥させることです。


ドリンクの種類にもよりますが、ベタ付いてしまいそうなドリンクであれば、ベタ付がある程度無くなるまで、固く絞った布で優しく拭き取りましょう。


間違っても、水やアルコールなどで何度も洗い直さないこと。


汚れをどんどんバッグの素材の中に浸透させてしまうだけです。最悪はバッグの表側に染み出してしまいますのでやめましょう。


被害を最小限に食い止める発想が、この場合の最善策という事になります。




中古ブランド うきうき♪ウィキペディア >> トップページへ

中古ブランド 革表面に付いた傷

 

バッグ、時計のみならず、財布や手帳など、革を使った製品のキズを直したいという要望が多いですね。


残念ながら基本的にこれらのキズは完全に直すことはできません。


キズにも様々な種類があり、例外もあります。


ですが、革を張り直す以外には完全に消すことは困難だと認識しておいてください。


ブランドバッグの修理を専門に行っているショップもありますが、基本的には目立たない様にするのが通例です。


また、直すといっても特殊な塗料でペイントし直すような修理方法を採用するケースが多いようです。




中古ブランド うきうき♪ウィキペディア >> トップページへ

中古ブランド 接着剤

 

皮革の貼り合わせに使用している接着剤はくせ者です。


様々な要因(温度、湿度、紫外線、油脂、応力、等々)によって、溶け出したり、粉を吹いたり、はがれを生じたりするトラブルが多いです。


ブランド品といっても最上級のモデルで無い場合、使用する接着剤の品質が低いケースも多いので注意が必要です。


最悪は張替えを必要とする場合もありますので、直営店やショップで相談することをおススメします。




中古ブランド うきうき♪ウィキペディア >> トップページへ

中古ブランド スエード素材のメンテナンス

 

スエード素材は肌触りが良く、魅力的で素敵です。


一方メンテナンスが難しい素材でもあります。


クリーニングにはクリーナーや水分を使った方法は適していません。


柔らかいブラシでホコリを集めて、吸い込み力を弱めにした掃除機で吸い取る程度のメンテナンスに留めるようにしましょう。


スエードが潰れて跡が付いたりテカリが出てしまった、水物をこぼして汚してしまった、という場合は、どうしても綺麗にしたいなら「張替え」と言う方法もあります。


いずれにしても、スエード素材の強力なクリーニング・修理が必要な程度まで汚れてしまった場合は直営店やブランド製品のメンテナンスショップに相談することをおススメします。




中古ブランド うきうき♪ウィキペディア >> トップページへ

中古ブランド バケツ型バッグの保管方法

 

吊るして保管することが基本です。元々そのようにデザインされているからです。


箱に入れたまま保管しておくと、バッグ下部がシワになって元に戻らなくなってしまいます。


太くて錆びないフックに柔らかな布などを巻きつけて、そこに吊るすのが良いでしょう。細いフックだと、ショルダーストラップが折れたままクセになってしまいます。また、錆びが付いてしまえばクリーニングできなくなってしまいます。


それと、バッグの中に「通気性の良い衣類(目の粗いセーターなど)」を丸めて入れておくと型崩れし難いです。ただし、長期間入れっ放しにするのは避けましょう。通気性の良い衣類といっても空気の流れを妨げていることには変わりありませんから。


やはり、定期的に肩に掛けてお出かけしてあげるのが優しい使い方ですね。




中古ブランド うきうき♪ウィキペディア >> トップページへ

中古ブランド エナメル素材

 

中古ブランド品で最もクリーニングが困難なのがエナメル素材です。


エナメル素材は光沢を強調するのに用いられるモデルが多いのですが、変形、色移りを起こしやすい素材でもあります。


エナメル素材を使用した中古ブランドを購入して、クリーニングすれば新品同様に出来るかな・・・と期待される方も多いのですが、現在の技術では諦めて頂くしかないでしょう。


また、エナメル素材の程度の良い中古ブランド品を購入した場合は、柔らかで色の付いていない布などでエナメル部分を保護して保管するようにしましょう。ただし、布も化学繊維が使われていると融着することもありますし、シワになっている部分がエナメルに長期間当たっているとエナメルが変形することもあります。


定期的に持ち出してあげるようにすると、メンテナンスも兼ねることができて有益です。




中古ブランド うきうき♪ウィキペディア >> トップページへ

中古ブランド 保管方法

 

中古ブランド品だからという事ではありませんが、大切にしたいあまりに使わずにずうっと保管したままにしておくと、劣化させてしまうことが良くあります。


もちろん新品よりも中古ブランド品の方が傷、磨耗、疲労等を多く受けていますし、劣化の度合いは新品よりも強くなりがちです。


日本は湿気が多い土地柄ですので、機械モノや皮革製品にあまり優しくない気候風土です。


長期に湿気の多い環境で保管してしまったために、機構部や皮革・金属部分に動作不良や変質・カビを生じさせてしまうことは良くあるトラブルです。


逆に大切にするあまり、空調設備の整った部屋で保管し続けると乾燥させ過ぎて皮革のひび割れや、機構部品の潤滑油が揮発してしまうこともあり得ます。


適切な空調条件を見つけるのがコツです。「風通しが良いところ」に置けば良いという安易な保管方法は「湿気」に対しては全く無防備ですので注意しましょう。


ちなみに変質・カビなどが生じてしまったら自分でクリーニングするのは避けた方が良いでしょう。


乾いた布で拭いた程度で落ちるなら軽度で済んでラッキーですが、クリーナーなどを使ってしまうと汚れを広げてしまうことが多いからです


まずは直営店やショップと相談してください。


せっかく購入した物でもありますし、適度なインターバルで利用することがメンテナンスも兼ねることができて有益です。




中古ブランド うきうき♪ウィキペディア >> トップページへ

中古ブランド 中古ブランド品の部品交換

 

ブランドバッグを例に取ると、持ち手やファスナーの交換が代表的でしょう。


特に持ち手の交換はブランド直営店へ依頼することをおススメします。


ファスナーなどの金具についても同様です。


直営店以外でも修理に対応してくれるショップが多くなりましたが、その後に故障などが生じても直営店では修理に応じてもらえない事もあり得ますのでご注意ください。


稀にオリジナルに改造してもらうことも可能のようですが、費用は相応に必要になります。中古ブランド品ならではの新しい楽しみ方だと思います。




中古ブランド うきうき♪ウィキペディア >> トップページへ

中古ブランド 中古ブランド品のクリーニング

 

直営店でのクリーニングをおススメします。


最近はブランド品の修理を得意とする専門のクリーニング・ショップなども増えています。


「直営店でのクリーニングにこだわらない」ということであれば、こういった専門のクリーニング・ショップを利用するの良いでしょう。


特にコストも低く抑えやすいので魅力的です。


ただしクリーニングの内容によっては、その後に故障などが生じて直営店に持ち込んでも修理を受け付けてくれない事もあり得ます。


また、修理・クリーニングに「特殊な配慮※」が必要な製品もありますから、いずれにせよ最初は直営店でクリーニング内容について相談するのが望ましいですね。


※例えば、時計、アクセサリーなどでは「超音波洗浄をすると破損につながる」製品があったりします。




中古ブランド うきうき♪ウィキペディア >> トップページへ

中古ブランド 中古ブランド品の修理

 

基本的に修理は直営店に持ち込むことをおススメします。


交換部品などが必要な場合は、直営店でしか入手できないためです。


バッグ、時計、アクセサリーなどいずれも、直営店での修理が望ましいですね。


なお、直営店でなくても良いが、信頼できる修理を依頼したいという方もおられます。


最近はブランド・バッグなどでもクリーニングや修理を得意とするショップさんなどが増えています。


直営店での修理より安く仕上がることも魅力になっており、中古ブランド・バッグを購入したらすぐにクリーニングショップでレストアして、「新品同様」にリフレッシュさせて楽しむ方も多くなりました。


ただし、この場合はその後で生じた故障のさいに直営店で修理を受け付けてくれない事もあり得ます。


あなたの中古ブランド品に対する考え方に合わせて、どちらを選択するかを決めると良いでしょう。




中古ブランド うきうき♪ウィキペディア >> トップページへ

中古ブランド ブランド腕時計の電池交換

 

中古ブランド品の中で腕時計の電池交換で戸惑うケースがあります。


それは、「電池交換をしてもらえないことがある」というものです。


実は直営店でも「腕時計を扱っていない場合」は修理対応ができないことがあるからです。


バッグ販売を主体にした直営店などではこういったケースが稀にあります。


もちろんどこでなら修理できるかを教えて貰えるはずですので、良く相談して見てください。


また、専用工具を備えていない一般時計店でも修理対応できないことがあります。


ブランド品の修理を得意とする時計店は調べると見つかりますので、ぜひ信頼できるショップなどを探しておくと良いでしょう。




中古ブランド うきうき♪ウィキペディア >> トップページへ




コスメアイテムが充実しました♪


エコバッグ
エルメス
ネックレス
ダイエット
簡単ダイエット
ダイエット・レシピ
レーシック失敗
失敗 レーシック
節約通販
2ショット チャット
通販節約
節約通販ブログ
節約通販卸値
コスメ 簡単
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。